【貨幣状湿疹】ステロイド以外の薬が知りたい、漢方薬ってどうなの?

ねこやまさん

こんにちは、ねこやまです

くまさん

ステロイド以外に貨幣状湿疹に役に立つ薬はないのかなぁ?

こんな疑問を持っていませんか?本記事ではステロイド以外の薬、筆者が利用していた漢方薬について紹介します。

目次

ステロイドは魔法の薬

出てくる薬はほぼステロイド

皮膚科で貨幣状湿疹と診断された場合、出てくる薬はほぼ確実にステロイド外用薬ではないでしょうか。インターネットで検索をしてみても、治療のところにはステロイド外用薬と書かれていることがほとんどです。

実際に、私も何件か皮膚科を回っていましたが、やはり、毎回出てきたのはステロイド外用薬でした。症状に合わせて、ステロイド内服薬抗ヒスタミン剤(アレルギーを抑える薬)、保湿剤なども出てきました。

これで治ったら何も問題はありません。

だがしかし。

治らない!

これが貨幣状湿疹の大問題です。

 

ステロイドは”期間限定”の魔法の薬です

ステロイドのいいところは速攻性

どんなひどい炎症でも、塗ってみると…あら不思議!驚きの早さで良くなります。

すぐに炎症を抑えられることができるので、目に見えて症状が良くなります。

ただし、薬には副作用もあります。ステロイドは炎症を抑えると同時に、体の免疫力もおとしてしまうため、感染症にかかりやすくなるなどのリスクもあります。

一時的に症状を抑える為に使うのはいいかもしれませんが、長期間ステロイドを使用していくと副作用の問題が出てきますので注意が必要です。

 

「ステロイドはちょっと…」の理由

  1. ステロイドが効かなくなってきた
  2. ずっとステロイドを使ったが治らない
  3. 副作用が心配なので使いたくない
  4. ステロイドをやめると再発する

上記のような理由から、ステロイド以外の薬を探している方が多いのではないでしょうか。私は1.ステロイドをやめると再発するでした。

 

漢方薬ってどうなの?

「このままだとずっと薬を使い続けなくてはいけないんじゃない?」そんな疑問が湧いてきます。

そこで、思いついたのが「漢方薬」です。何となく体に良さそうだし、安心安全な雰囲気があります。

「そうだ、京都にいこう」くらいの勢いで、「そうだ、漢方薬局にいこう」と思いついたわけです。

 

漢方薬は体調改善につながったと思います

結論から言いますと、漢方薬の効果を感じられました。

もっと正確に言いますと、「湿疹に対して明らかな効果はわからないけれど、体調改善に効果があった」ですね。(私の場合です)

また、漢方薬局の先生から自分の体の状態についてもアドバイスをもらうことができました。「免疫・代謝・自律のバランスが崩れていること。また、もともと胃腸が弱い為、消化がうまくいっていないことが原因になっている」と言われましたね。

 

漢方薬で私が感じた3つの効果

ステロイドような即効性はありませんが、その人の体に合った薬を提案してもらえます。漢方薬で感じた効果は、大きく3つです。

  1. 夜眠れるようになった
  2. 冷え症が良くなった
  3. 疲れにくくなった

体の状態をマイナスからゼロに戻してくれるような感じです。

ただ、漢方薬は保険がききません。おそらく、皮膚科の病院に通うよりも治療費は高くなってしまいますね。

しかし、漢方薬局などでは、湿疹だけでなく体全体の状態を診てもらえます。皮膚科の病院とは違う視点で診てもらえるところが良いところです。

 

使っていた商品紹介、良かったらご参考にどうぞ!

最後に、以前つかっていた商品を紹介します。人それぞれ体に合うものが違うと思いますので、どの薬を使うかは、漢方薬の先生に相談されることがオススメします。金額は購入されるところで多少違うかもしれません。

 

「鯨華泉」 60粒 12,000円(税別)

鯨(くじら)から抽出される成分“レバニン”が入っているサプリ。疲労回復、ストレス緩和、抗酸化作用などの効果があるとされています。疲れを感じている人へオススメ。

 

「松寿仙」 170ml×3本 5,570円(税別)

滋養強壮薬。殺菌作用がある。クマザサ葉、赤松葉、朝鮮人参の有効成分が含まれている。虚弱体質、病中病後、食欲不振の時にオススメ。

 

「レバコールS」 300ml×3本 8,000円(税別)

滋養強壮薬。アミノ酸が含まれているので栄養補強になる。病中病後、栄養障害など時にオススメ。こちらは、Amazon、楽天でも購入できるようです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる