アマルガムは危険?あなたの貨幣状湿疹の原因…金属アレルギーかも

こんにちは、ねこやまです。

虫歯の治療のために歯医者さんへ行ったところ、ずーっと昔に治療した奥歯に「アマルガム」という詰め物が入っていると教えてもらいました。

「アマルガム」は水銀とほかの金属を混ぜたもので、以前は歯科治療素材としてよく使われていたそうです(現在、日本ではほぼ使われていないらしいです)

「金属アレルギー」は、貨幣状湿疹の原因のひとつとしてあげられています。アマルガム、金属アレルギーについて気になったので、調べてみました。

くまさん

金属アレルギー……

ねこやまさん

気になる方はぜひ続きを読んでみてね

目次

アマルガム、金属アレルギーとは

Photo by Daniel Frank on Unsplash

アマルガム、金属アレルギーについてざっくり説明します。

アマルガムとは

アマルガムは、水銀とほかの金属を混ぜた歯科治療の材料。

以前は、歯の詰め物として非常によく使われていたようです。水俣病の原因とされる有機水銀と、アマルガムに使用される無機水銀(金属)は別物です。

しかし、水銀を使用されていること、水銀が環境や人体に影響を及ぼす可能性などから、現在は、歯科治療でアマルガムが使われることはほとんどないみたいですね。

金属アレルギーとは

特定の金属にアレルギー反応が起きてしまう状態。

汗などによって溶け出した金属と体のたんぱく質がくっついたものが少しずつ体にたまります。そして、許容範囲を超えるとアレルゲンとなり、アレルギー反応が起きてしまう…。

たとえば、肌が赤くはれる熱をもつかゆくなるなどの症状が現れます。

そのほかにも、頭痛肩こりなど体調不良の原因になっていることもあるようですね。

金属アレルギーになりやすい金属

金属アレルギーになりやすい金属には、アクセサリー、食べ物、仕事などで体に触れているものがあがっています。

  • ニッケル
  • クロム
  • コバルト
  • パラジウム
  • すず
  • 亜鉛
  • 水銀など

歯の詰め物が金属アレルギーの原因になることもある

Photo by freestocks on Unsplash

金属アレルギーと聞くと、どんな状態を思い浮かべますか?

わたしは、ピアスや指輪など「アクセサリー」を身につけた時を思い浮かべていました。しかし、わたしたちの肌にふれている金属はアクセサリーだけじゃないのですね。

歯の治療で使われている「詰め物」も金属アレルギーの主な原因となるようです。

歯の詰め物は、口の中に常にあり、しかも唾液などで溶け出しやすい状態。アマルガム、そのほかの金属の詰め物も、金属アレルギーの原因になる可能性があるというわけです。

ねこやま
ねこやま

自分では気が付かないうちに、実は金属アレルギーになっていた…ということもあるかもしれませんよね…こわいです…。

金属アレルギーとお肌の病気

金属アレルギーによって、引き起こされるお肌の病気があります。わかりやすいのは、金属にふれた時に起こる「かぶれ」ですね。「接触性皮膚炎」と言われています。

そのほかにも、全身にアレルギー症状があらわれ、金属とふれていない部分に起きる病気があります。

  • 接触性皮膚炎(かぶれ)…金属に触れた部分が赤くなる、かゆくなる
  • 汗疱(かんぽう)…手、足の裏にできるポツポツした湿疹
  • 掌蹠膿疱症(しょうせいのうほうしょう)…手のひら、足の裏に水ぶくれやうみが出てくる
  • 貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん)…円形の湿疹、とてもかゆい

などなど。

アクセサリーなどの金属がふれた時に、かぶれる、かゆいなどの症状が出れば「金属アレルギーかな?」と考えやすいですよね。

でも、金属とふれたところとは違う場所に湿疹が出た場合はどうでしょう?また、金属アレルギーが頭痛、肩こりのような体調不良の原因だったとしたら?

気づくのは、なかなか難しそうですよね。

ねこやま
ねこやま

金属アレルギーからお肌の病気になることもあるんだね…

金属アレルギー検査

どの金属にアレルギーがあるかは、「パッチテスト」という金属アレルギー検査で調べられています。

皮膚科や歯科、アレルギー専門の病院で受けることができるそうですよ。

パッチテスト:金属を含んだ薬を肌にはりつけて、反応があるかを調べる検査

アレルギーある金属が特定できれば

  • 歯の詰め物を別の素材に変える
  • アクセサリーなど身につけるものの素材を確認する
  • 金属を多く含む食べ物に気を付ける

などの対策をとることも可能です。

まとめ 治りづらいお肌の病気は金属アレルギーが原因だったということもあるかも

今回は、「アマルガム」と「金属アレルギー」についてご紹介しました。

私自身は、今は貨幣状湿疹の症状はありません。そのため、金属アレルギー検査は受けていないです。

しかし、金属アレルギーについて調べているうちに、何か関係しているかもしれないと感じました。

というのも、アクセサリーなどでかぶれたことはありませんが、小さい頃から虫歯になりやすくて歯の詰め物がたくさん入っています(汗)

歯医者さんの治療では、「アマルガム」をプラスチックの詰め物に交換してもらいました。また機会があれば、金属アレルギー検査も受けてみようとかなと考えています。

まったく金属に触れていない部分に症状がある場合は、自分が金属アレルギーだなんて思いもよらないですよね…。

もしも皮膚科で治療を受けているのに改善しない、自分でも対策しているのに治らないなど、心当たりが場合は、医師に相談してみてもいいかもしれませんね。

ねこやま
ねこやま

それでは、またお会いしましょう!

参考|金属アレルギー協会

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる