肌トラブルを避けたい!「無添加石けん」を使った「体の洗い方」

 

今回は、無添加石けんを使った体の洗い方を紹介します。お肌にやさしい無添加石けんですが、洗浄力は結構強力です。

しっかりと泡立てて、しっかり洗い流すのが大切。

無添加石けんを使ってみたいと考えている方は、良かったら読んでみてくださいね。

 

目次

まさか!?体を洗うことが肌トラブルにつながる?

お風呂で体を洗うと、スッキリできますよね。

一日の汚れをおとすリラックスタイムです。

ところで、あなたはどんなふうに体を洗っていますか?タオルでゴシゴシ?それともシャワー浴びながらサッと洗う?

実は、毎日している体を洗うという行動が”肌トラブル”につながることがあるのです。

  • ナイロンタオルを使う
  • ゴシゴシ強くこする
  • ボディーソープ・石けんを直接肌につける
  • 熱いお湯を使う

もし、このような体の洗い方をしている場合は、”肌を傷つけてしまっているかもしれません。体の汚れのほとんどは、「湯船に浸かる」「かけ湯をする」だけでも落ちるそうです。

無添加石けんを使ってみよう

無添加石けんとは、石けん成分だけで作られているものです。

合成界面活性剤香料着色料などの添加物が入っていません。

つまり、肌への刺激をおさえながら、汚れを落とすことができます。

わたしが愛用しているのは、シャボン玉石けん浴用です。

こちらの石けんも、お肌の刺激になるような添加物が入っていません。香りはあまりしませんが、さっぱりとした洗い心地が気に入っています。

石けんを使った、肌にやさしい体の洗い方

次のポイントに気を付けながら、体を洗ってみましょう。

「泡立てネット」を使って、しっかりモコモコの泡で洗う

しっかり泡立てた「モコモコの泡」は体の汚れを落とすだけでなく、すべりやすくなるので、肌を傷つけません。汚れを落としつつ、肌への負担を抑えることができます。

「手」でやさしく丁寧に洗う

「タオルで洗っている」という方が多いかもしれません。

ナイロンタオルなど固い素材のタオルで体を洗うと肌を傷つけてしまったり、「洗いすぎ」になってしまう場合があります。

おすすめは、泡立てネットと手で洗う方法です。簡単にモコモコの泡を立てることができますよ。

タオルが使いたい場合は、綿やガーゼなどの「やわらかい素材のタオル」を選ぶようにしましょう。

お肌にやさしい!からだの洗い方

それでは、からだの洗い方について紹介しますね。

① 湯船につかる・かけ湯をする

まずは、湯船につかります。

かけ湯をして体の汚れを落としていきましょう。汗やホコリなどの汚れはこれだけでも落ちていきます。お湯の温度は38℃~40℃くらいがオススメです。

② 石けんを泡立てネットで泡立てる

石けんをぬらして泡立てネットの中でこすります。モコモコの泡を作っていきましょう。しっかり泡立てることによって、体の汚れを落としてくれますよ。

③ すべらすように手で体を洗う

お肌をこすらないように、手についた泡で洗うようにします。

手とお肌の間に泡がはさんで動かすようなイメージです。

ゆっくり、やさしく洗いましょう。

④ しっかり泡を流す

体を洗い終わったら、しっかり泡を流します。

流し残しがあるとかゆくなる場合があります。

流し残しがないように、注意してくださいね。

≪ココはしっかり洗おう≫

からだの中でも、しっかり洗った方がよい場所があります。

→「脇」・「デコルテ」・「背中」など皮脂がたくさん出るところ

→「脇」・「足の裏」・「背中」など汗がたくさん出るところ

これらの部位は体の中でも汚れやすいところです。しっかり丁寧に洗いましょう。

まとめ:無添加石けんを使った体の洗い方

肌にやさしい体の洗い方とは・・・「肌を傷つけない」「洗いすぎない」ことです。やさしく、丁寧に洗うことで肌に負担かけずに、体を清潔に保つことができます。

以前、私の肌はとても乾燥しやすく、湿疹にも悩まされていました。しかし、今ではずいぶん丈夫な健康肌になりました。その手助けをしてくれたのが「泡立てネット」や「無添加石けん」です。

すこし「体の洗い方」を変えるだけでも、肌トラブルの改善につながります。お風呂グッズを上手に利用して、丈夫な健康肌を作っていきましょう。

最後まで読んで下さってありがとうございます。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる